江戸時代中期の日本文化を表現した浮世絵。

誰もが浮き浮きと暮らす幸せな時代が表現されています。
少しおちゃめなあなたを引き立たせるハンチング帽子です。

 

浮世絵柄ハンチング帽子
 15世紀後半、応仁の乱の戦火をくぐり抜けた庶民がつかの間の明るさと言わんばかりに享楽を求め、憂き世はいつしか浮き浮きと暮らす『浮世』と言われるようになった。
 そして、江戸時代になると大衆に支持された浮世絵となり版画絵中心で広まっていった。
 その中で、江戸時代の中期~後期に活躍した・喜多川歌麿・東洲斉写楽・葛飾北斎・歌川広重の浮世絵柄をハンチング帽子に取り込んでみました。