江戸時代から尾張藩の特産品として作られてきた有松絞り。

この素材を贅沢に使った、有松絞りハンチング帽子。
あなたの知性と教養を醸し出す逸品です。

 

有松絞りハンチング帽子
 有松絞りとは江戸時代に尾張藩の特産品として、旅人の土産品で、絞りの浴衣、手拭きなどを販売してきました その絞り染の柄(技法)も100種類にも及び、日本の伝統染め技法として受け継がれてきました。
 有松絞りハンチング帽子は、受け継がれてきた技法で作られた絞りの浴衣地を1mほどカットして、軽くアイロンで絞りの凹凸を残しながら、裏地を貼り、帽子の型を1枚1枚カットして、ミシンで丁寧に縫い合わせた個性豊かなハンチング帽子です。
 有松絞りの柄/風合いをお楽しみください。